コラム:「家の中の化学物質を調べて把握する」

私たちの家には多くの化学物質があふれています。特に揮発しやすくて吸い込んだり、肌に接したり、直接飲食するようなものについては、体への影響について注意が必要です。防虫剤、芳香剤、洗剤、柔軟剤、接着剤など、薬品として直接使用しているものもあれば、建材やプラスチック製品の中に含まれてそれらから揮発しているものもあります。最近、アレルギーやアトピーなどの健康障害も増えています。それらの直接の原因は、ダニであったり、通常の食品であったり、花粉であったりするのですが、その根本的な原因のひとつに、長年多くの化学物質に暴露されてきたことが挙げられています。衛生的な生活をするために使われている化学物質もありますが、どの程度の有害性があるのかを確認し、より影響の少ない代わりのものがないかを考えることも大切です。

戻る